お金借りる

更新日:2014/04/19

様々な方法で計画的にお金を借りる

 

お金を借りる方法は様々ありますが、その方法の一つとしてクレジットカードキャッシング機能を利用してお金を借りる方法があります。この方法は、インターネット上で簡単に申し込む事もできますし、街中などにあるキャッシング専用ATM機でキャッシィングをする事もできます。ですので、急なお出かけなどでお金が必要な場合でも、短時間の簡単な手続きで、キャッシングする事ができます。また、金額も1万円からキャッシングが出来るので、生活費が少し足りない場合などでも利用する事が可能です。また、返済方法も一括だけでなくリボ払いで返済出来るので、まとまった金額をキャッシングした場合でも、一定の金額で返済出来るので安心です。


またもう一つの方法として、各銀行に用意されているローンにてお金を借りる事もできます。ローンは、車のローンや教育ローン、そして住宅ローンなど様々な用途に合わせたものの他に、用途を自由に選択できるフリーローンなどもあります。フリーローンの場合、旅行代金に使ったり、家具や家電の購入資金にしたり、又はクレジットカードの残高を全て払ってしまうなど、自分の希望によって使う事が出来るのも魅力です。この様なローンは、銀行で直接契約する事もできますし、インターネット上で申し込みをする事も出来るので、自宅にいながら様々なローンを組む事も可能です。また、サイト上では返済のシュミレーションも出来るので、ローンを組む前に返済金額などを確認する事が出来、計画的にローンを組む事が出来ます。

 

お金を借りる方法について

 

生活していく中で、お金は常に必要ですよね。でも時として、自分の稼ぎだけでは賄えない事態も出てきます。そんな場合に、どこからかお金借りることを考えなくてはいけません。家族、親戚、友人、知人、貸してくれそうな人はいるかと思いますが、金の切れ目が縁の切れ目と言われるように、トラブルの元にもなりやすくなるものです。なので近しい人から借りることはお勧めできません。ならば、どこから借りたらいいのかという事ですが、融資をしてくれる業者を利用しましょう。例えば消費者金融や信販会社などの貸金業者や、銀行などの金融機関があります。ただ、どのくらいの金額が必要なのか、どんな目的に利用するのかで借り方が変わります。


借入れは一般的にローンと言われますが、ローンには「目的別ローン」と「フリーローン」があります。目的別ローンとは住宅ローン、カーローン、ビジネスローン、教育ローン、ブライダルローンなどがあり、指定された目的以外に利用できません。対してフリーローンは利用目的が限定されていないローンのことです。一般的には、キャッシングやカードローンと呼ばれています。こうして分けてみると、利用用途によって契約する借入れが変わるという事が分かると思います。大きな買い物や特定の用途に利用したい際は目的別ローンを利用し、一時的なお金の工面ならフリーローンを利用することです。お金借りる場合は正しく利用し、安全に活用していきましょう。